本文へスキップ

フルムーン夫婦グリーンパス
年齢を合わせて88歳以上の夫婦対象に全国のJR線のグリーン車が乗り降り自由になるきっぷです。
きっぷの特徴
フリーきっぷ新幹線グリーン車利用特急列車グリーン車利用期間限定年齢限定施設割引
主な発駅と発売金額
発駅・発売区間 発売金額
5日間用 82,800円(77,800円)
7日間用 102,750円(97,750円)
12日間用 127,950円(122,950円)

※( )内は夫婦どちらかが70歳以上の方の場合の代金
 こども設定はありません
きっぷの構成
・フリーきっぷ
フリー区間
・全国のJRグループ旅客会社線全線(宮島航路を含む)
発売場所
・全国のJRグループの主な駅のみどりの窓口
・全国のJRグループの主な駅の旅行センター
発売期間
このきっぷは2017年5月31日までの発売です
ただし、2016年12月28日〜2017年1月6日、3月21日〜4月5日、4月27日〜5月6日は利用できません。
利用期間
このきっぷは2017年6月30日までの連続した期間(タイプによる)
有効期間
・5日・7日・12日
利用について
・夫婦が同一の行程で旅行する場合で、年齢の合計が88歳以上になる場合に購入・利用が可能なきっぷです。
・2人のうちのどちらかが70歳以上の場合は「シルバー用」が購入できます。
・購入・利用の際には、夫婦関係と年齢を証明できる書類の提示・携帯が必要です。
・全国のJRグループ各会社線の新幹線・特急列車のグリーン車とB寝台(個室の場合はデュエットのみ)が利用できます。ただし、東海道・山陽新幹線「のぞみ」号と、山陽・九州新幹線「みずほ」号は自由席も含め、利用できません。
・東北新幹線・北陸新幹線のグランクラス、JR九州線内の「DXグリーン」や、特急グリーン個室、A寝台、ホームライナーは別途料金が必要です。
・JRバスは利用できません。
・道南いさりび鉄道、IGRいわて銀河鉄道、北越急行、伊豆急行、伊豆箱根鉄道、東京メトロ、東武鉄道、小田急電鉄、しなの鉄道、えちごトキメキ鉄道、伊勢鉄道、京都丹後鉄道、智頭急行、土佐くろしお鉄道、肥薩おれんじ鉄道など他社線利用の際には別途運賃が必要です。
・青い森鉄道青森〜八戸・青森〜野辺地・八戸〜野辺地間については、当該区間を通過する場合は、利用できます。ただし、途中駅で下車した場合は、利用した区間全区間に対する運賃・料金が必要です。
・あいの風とやま鉄道において、高岡〜富山間については、当該区間を通過する場合は、利用できます。ただし、途中駅で下車した場合は、利用した区間全区間に対する運賃・料金が必要です。
・IRいしかわ鉄道において、金沢〜津幡間を当該区間を通過する場合は、利用できます。ただし、途中駅で下車した場合は、利用した区間全区間に対する運賃・料金が必要です。
・グリーン車の利用には、乗車前にあらかじめみどりの窓口などで座席の指定が必要です。
・利用日にチェックインする場合に限り、きっぷの提示によりJRホテルグループの宿泊料が割引になります。
関連リンク
新しいウインドウで開きます
JR北海道(北海道旅客鉄道株式会社)
JR北海道インターネット指定席予約サービス

JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)

JR東日本「えきねっと」
JR東海(東海旅客鉄道株式会社)
JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)
JRおでかけネット
JR四国(四国旅客鉄道株式会社)
駅コミ<駅からはじまる情報発信>
JR九州(九州旅客鉄道株式会社)
JR九州インターネット予約サービス

【JTB】JR・航空券+宿泊
【JTB】旅館・ホテル予約

情報に関する注記事項
・記載内容は2017年1月現在のものです。
・内容は掲載後に変更となる場合がありますのでご注意ください。
このページの見方については、こちらのリンク先でご覧ください

shop info

がんばろう!日本
節電アクション
鉄道はマイカーなどに比べ、
二酸化炭素の排出量が
約10分の1(1km/人)とされ
地球温暖化防止に
広く貢献しています
最終更新日:2017-02-21
カウンタ