本文へスキップ

SHIKOKU ICOCA(イコカ)
四国エリアで利用できるICカード。
発行
JR四国(四国旅客鉄道株式会社)
ICカードの特徴
SF対応相互利用電子マネー定期券こども
相互利用
JR北海道(北海道旅客鉄道株式会社)「Kitaca」
JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)「Suica」
JR東海(東海旅客鉄道株式会社)「TOICA」
JR西日本(西日本旅客鉄道株式会社)「ICOCA」
JR九州(九州旅客鉄道株式会社)「SUGOCA」
東京臨海高速鉄道株式会社「りんかいSuica」
東京モノレール株式会社「モノレールSuica」
株式会社パスモ「PASMO」
株式会社名古屋交通開発機構及び株式会社エムアイシー「manaca」
株式会社 スルッとKANSAI「PiTaPa」
株式会社ニモカ「nimoca」
北九州モノレール「mono SUGOCA」 
福岡市交通局「はやかけん」  
発売金額
発売金額 利用金額
2,000円(デポジット500円を含む) 1,500円
利用エリア
JR四国エリア
・瀬戸大橋線児島〜宇多津
・予讃線多度津〜高松
※全国相互利用サービスのエリアについては、各カードの該当部分をごらんください
発売場所
・エリア内のJR四国の主な駅のみどりの窓口
利用について
・エリア内の自動改札機にかざすだけで、入金された金額の範囲内できっぷを買わずに利用できます。
・初回購入時に別途デポジット代金500円が必要です。デポジットは返却時に返金されます。
・カードには最大20,000円までチャージ(入金)が可能です。チャージはエリア内にある自動券売機・自動精算機・入金機で行えます。
・他のきっぷとの併用はできません。また複数枚でのICOCA利用もできません。
・JR西日本岡山・広島地区と通して利用できます。
・特急・急行利用時に乗車券として利用できますが、山陽・東海道新幹線には利用できません
・エリア外のJR四国線・JR西日本線への乗り越しはできません。。
・入場券としては利用できません。
・相互利用各社で利用する場合は、それぞれ利用する各社局内でのカードと同様の扱いとなります。
・使用履歴を各社利用直近20回まで、自動券売機にて印字できます。なお、他社線では件数・表記が異なる場合があります。また、利用から26週間を経過した履歴は印字できません。
・車内精算には利用できません。
・みどりの窓口での乗車券類購入や定期券発売機、指定席券売機での購入には利用できません。
・複数枚のICOCA間での残額の移し替えはできません。
・JR東日本エリアで「Suicaグリーン券」として購入できません。
・JR東日本エリアの民鉄線との乗換改札口の一部では利用できません。
・電子マネーの利用については、販売店の取り扱いに準じます。

【ICOCA定期券について】
・ICOCA利用の定期券にも同様のSF機能が追加できるほか、紛失時の再発行ができます。(要手数料)
・ICOCA定期券の券面区間内では、定期券で乗車できる特急・急行列車に限り利用できます(別途該当する券が必要です)。また、ICOCA定期券の券面区間外は、あらかじめ特急・急行券を購入することにより、残額の範囲内で在来線の特急・急行列車が利用できます。
・有効期間外のICOCA定期券は、ICOCAと同様の扱いとなります。

【こども用ICOCAについて】
・ICOCA定期券とICOCAには、こども用の設定があります。
・小学校卒業年(満12歳の誕生日前日以後)の3月31日まで有効です。大人用として利用する場合は、JR四国のみどりの窓口で変更手続きが必要です。
・購入の際には、利用本人の年齢確認ができるもの(保険証等)が必要です。
関連リンク
新しいウインドウで開きます
JR四国(四国旅客鉄道株式会社)
駅コミ<駅からはじまる情報発信>

【JTB】JR・航空券+宿泊
情報に関する注記事項
記載内容は2017年1月現在のものです。
・内容は掲載後に変更となる場合がありますのでご注意ください。
このページの見方については、こちらのリンク先でご覧ください

shop info

がんばろう!日本
節電アクション
鉄道はマイカーなどに比べ、
二酸化炭素の排出量が
約10分の1(1km/人)とされ
地球温暖化防止に
広く貢献しています
最終更新日:2017-02-21
カウンタ