交通系ICカード
mono SUGOCA
SF電子マネー相互利用オートチャージ定期券こども

北九州モノレールで利用できるICカードです。

RECENT POSTS

発行元

・北九州モノレール株式会社

発売金額

記名式/無記名式
・2,000円(デポジット代500円を含む)

主な発売場所

・北九州モノレール各駅

利用エリア

・北九州モノレール全線

相互利用エリア

以下のICカードエリアで「mono SUGOCA」が利用できます。また、各ICカードとの間で相互に利用が可能です。
・「Kitaca」
・「Suica」(グリーン車Suicaシステムを除く)
・「TOICA」
・「ICOCA」
・「りんかいSuica」
・「モノレールSuica」
・「PASMO」
・「manaca」
・「PiTaPa」
・「nimoca」
・「SUGOCA」
・「はやかけん」

以下のICカードエリアでも「mono SUGOCA」が利用できます。ただし、相互利用ではありません。
・「SAPICA」
・「Iruca」

利用条件

・エリア内の自動改札機にかざすだけで、入金された金額の範囲内できっぷを買わずに利用できます。
・初回購入時に別途デポジット代金500円が必要です。デポジットは返却時に返金されます。
・カードには最大20,000円までチャージ(入金)が可能です。チャージはエリア内にある自動券売機・自動精算機・入金機で行えます。
・他のきっぷとの併用はできません。また複数枚でのSUGOCA利用もできません。。
・入場券としては利用できません。
・使用履歴を直近20回まで、自動券売機にて印字できます。また、利用から26週間を経過した履歴は印字できません。
・車内精算には利用できません。
・複数枚のmono SUGOCA間での残額の移し替えはできません。
・電子マネーの利用については、販売店の取り扱いに準じます。
・北九州モノレール、JR九州のSUGOCAエリア内の乗車金額の1%が、SUGOCAポイントとして貯まります。
・複数枚のmono SUGOCA間での残額の移し替えはできません。
・記名mono SUGOCAは、紛失時に再発行が可能です(要手数料)。無記名SUGOCAは再発行できません。

定期券での利用について

・mono SUGOCAでは、定期券としての利用も可能です。
・mono SUGOCA利用の定期券にも同様のSF機能が追加できるほか、紛失時の再発行ができます。(要手数料)
・有効期間外のmono SUGOCA定期券は、mono SUGOCAと同様の扱いとなります。

こども用について

・mono SUGOCA定期券とmono SUGOCAには、こども用の設定があります。
・小学校卒業年(満12歳の誕生日前日以後)の3月31日まで有効です。大人用として利用する場合は、北九州モノレールの駅窓口で変更手続きが必要です。
・購入の際には、利用本人の年齢確認ができるもの(保険証等)が必要です。

このページの利用にあたって

・掲載している情報は2019年10月現在のものです。内容は掲載後に変更となっている場合がありますので、ご注意ください。
・このサイトは私設です。記載の各鉄道会社および関係機関とは一切関係ありません。当サイトの情報について、各社へ問い合わせを行うことは、業務の妨げとなりますので、絶対にお止めください。
・交通系ICカード情報の正確性については、万全の注意を払っておりますが、掲載する情報について管理者はいかなる保証も行いません。またコンテンツの利用によって受けたいかなる損害についても、管理者は一切その責任を負わないものとします。

▶このページの見方については、こちらの「交通系ICカードページの見方」をご参照ください。