交通系ICカード
Suica
SF電子マネー相互利用オートチャージ定期券こども

ペンギンのキャラクターがあしらわれた、JR東日本で利用できるICカードです。

RECENT POSTS

発行元

・JR東日本(東日本旅客鉄道株式会社)

発売金額

記名式/無記名式
・2,000円(デポジット代500円を含む)

主な発売場所

・利用エリア内のJR東日本の主な駅の多機能券売機・みどりの窓口
・伊豆急トラベル伊豆高原・伊豆急下田(無記名Suicaのみ)

利用エリア

JR東日本の以下の各線
<首都圏地区>
・山手線
・京浜東北・根岸線
・東海道線東京~熱海
・上野東京ライン
・湘南新宿ライン
・相鉄・JR直通線新宿~羽沢横浜国大
・伊東線熱海~伊東
・横須賀線
・総武快速線(房総各線)東京~佐倉・銚子・成田空港・安房鴨川
・中央快速線・中央本線東京~韮崎・長坂・小淵沢・富士見・茅野・上諏訪・下諏訪・岡谷・塩尻・松本の各駅
・中央・総武線各駅停車
・武蔵野線
・京葉線
・南武線
・横浜線
・鶴見線
・相模線
・青梅線
・五日市線
・埼京線
・八高線
・川越線
・宇都宮線上野~黒磯
・高崎線・両毛線上野~水上
・日光線宇都宮~日光
・信越本線高崎~横川
・吾妻線中之条・長野原草津口・万座・鹿沢口の各駅
・小海線清里・野辺山の各駅
・常磐線上野~いわき
・常磐線各駅停車綾瀬~取手
・成田線
・水戸線
・水郡線(奥久慈清流ライン)上菅谷・常陸太田・常陸大宮・常陸大子の各駅
・東北新幹線東京~那須塩原
・上越新幹線東京~上毛高原
・北陸新幹線東京~上越妙高
・埼玉新都市交通ニューシャトル
・富士急行
・伊豆急行

<仙台地区>
・東北本線矢吹~小牛田・岩切~利府
・奥羽本線(山形線)山形駅
・陸羽東線(奥の細道ゆけむりライン)鳴子温泉駅
・仙山線仙台~愛子・作並・山寺の各駅
・常磐線原ノ町~岩沼
・磐越西線郡山・郡山富田・磐梯熱海・猪苗代・会津若松・喜多方の各駅
・磐越東線(ゆうゆうあぶくまライン)郡山~船引
・仙石線あおば通~石巻
・仙石東北ライン仙台~石巻
・東北新幹線郡山~仙台
・仙台空港鉄道名取~仙台空港

<新潟地区>
・信越本線長岡~新潟
・羽越本線新潟~新発田
・白新線新潟~新発田
・弥彦線
・越後線新潟~吉田
・磐越西線(森と水とロマンの鉄道)新津~五泉
・上越新幹線長岡~新潟

相互利用エリア

以下のICカードエリアでは「Suica」が利用できます。また、各ICカードとの間で相互に利用が可能です。
・「Kitaca」
・「PASMO」
・「TOICA」
・「ICOCA」
・「SUGOCA」
・「りんかいSuica」
・「モノレールSuica」
・「manaca」
・「PiTaPa」
・「nimoca」
・「SUGOCA」
・「mono SUGOCA」
・「はやかけん」

以下のICカードエリアで「Suica」が利用できます。ただし、以下に記載されているICカードでは、Suicaエリアでの利用はできません。
・「SAPICA」
・「icsca」
・「LuLuCaパサール」
・「Iruca」

以下のサービスで「Suica」が利用できます。ただし、事前に利用登録の手続きが必要です。
・東北・上越・北陸新幹線「タッチでGo!新幹線」
・東海道・山陽新幹線「スマートEX」

利用条件

・エリア内の自動改札機にかざすだけで、入金された金額の範囲内できっぷを買わずに利用できます。
・初回購入時に別途デポジット代金500円が必要です。デポジットは返却時に返金されます。
・カードには最大20,000円までチャージ(入金)が可能です。チャージはエリア内にある自動券売機・自動精算機・カード券売機・ビューアルッテで行え ます。一部のカード券売機・ビューアルッテではビューカードでのチャージも可能です。
・一部駅においては、チャージをはじめとしたサービスに対応していない場合があります。
・記名式で購入する場合(My Suica)には、購入時に氏名・生年月日・性別・電話番号の入力が必要です。
・他のきっぷとの併用はできません。また複数枚でのSuica利用もできません。
・首都圏地区と仙台地区、新潟地区および他社エリアをまたいでの利用はできません。
・特急・急行利用時に乗車券として利用できます。
・「タッチでGo!」「スマートEX」サービス及び一部区間の定期券を除き、新幹線には利用できません。
・東海道線・横須賀線・総武快速線・宇都宮線・高崎線・常磐線・湘南新宿ライン・上野東京ラインの特別快速・快速・普通列車のグリーン車では、駅ホームなどの発売機により 「Suicaグリーン券」が購入することで、利用が可能です。ただし、東海道線・上野東京ライン・湘南新宿ラインから、JR東海エリア函南~沼津間まで乗り越す場合、もしくはJR東海エリア内間で完結する利用を行う場合には、駅構内のみどりの窓口等で紙のグリーン券を購入する必要があります。
・エリア外のJR東日本線への乗り越し、エリアをまたがっての利用はできません。
・東武鉄道との相互直通特急列車には利用できません。
・ライナーなどの利用の際には、別途該当するきっぷが必要です。
・入場券としては利用できません。
・相互利用各社で利用する場合は、それぞれ利用する各社局内でのカードと同様の扱いとなります。
・使用履歴を各社利用直近50回まで、自動券売機にて印字できます。なお、他社線では件数・表記が異なる場合があります。また、利用から26週間を経過した履歴は印字できません。
・一部改札口では利用できない場合があります。
・中野~西船橋間をはさむ利用など、JR東日本線と他社線が改札を介さずに複数のルートで利用ができる場合は、通しの運賃が安い会社線の運賃で計算されます。
・利用経路により、連絡運輸乗車券で購入した場合より運賃が高く計算される場合があるなど、券売機での購入額と異なる場合があります。
・常磐線各駅停車から東京メトロ千代田線西日暮里経由JR線利用の場合、通し額の運賃より100円引きとなります。この場合、経路によっては運賃額が券売機と異なる場合や高くなる場合があります。
・車内精算には利用できません。
・みどりの窓口での乗車券類購入や定期券発売機、指定席券売機での購入には利用できません。
・複数枚のSuica間での残額の移し替えはできません。
・ペンギンマーク(スイッピ)のないSuicaでは電子マネーとしては利用できません。また、相互利用先のバスでの利用ができません。
・電子マネーの利用については、販売店の取り扱いに準じます。
・JR東日本線内を自動改札にて利用した際にポイントが貯まる「JREPOINT」サービスが利用できます。ただし、事前に申し込みが必要です。

定期券での利用について

・Suica利用の定期券にも同様のSF機能が追加できるほか、紛失時の再発行ができます。(要手数料)
・Suicaを利用した定期券は、JR東日本線をはさむ区間でのみ、JR東日本のみどりの窓口などで発行が可能です。
・Suica定期券の券面区間内では、定期券で乗車できる特急・急行列車に限り利用できます(別途該当する券が必要です)。また、Suica定期券の券面区間外は、あらかじめ特急・急行券を購入することにより、残額の範囲内で在来線の特急・急行列車が利用できます。
・有効期間外のSuica定期券は、My Suicaと同様の扱いとなります。

こども用について

・Suica定期券とSuicaには、こども用の設定があります。
・小学校卒業年(満12歳の誕生日前日以後)の3月31日まで有効です。大人用として利用する場合は、JR東日本のみどりの窓口で変更手続きが必要です。
・購入の際には、利用本人の年齢確認ができるもの(保険証等)が必要です。
・こども用の発行は「Suica」・「PASMO」をあわせて1人につき1枚に限られます。

このページの利用にあたって

・掲載している情報は2019年10月現在のものです。内容は掲載後に変更となっている場合がありますので、ご注意ください。
・このサイトは私設です。記載の各鉄道会社および関係機関とは一切関係ありません。当サイトの情報について、各社へ問い合わせを行うことは、業務の妨げとなりますので、絶対にお止めください。
・交通系ICカード情報の正確性については、万全の注意を払っておりますが、掲載する情報について管理者はいかなる保証も行いません。またコンテンツの利用によって受けたいかなる損害についても、管理者は一切その責任を負わないものとします。

▶このページの見方については、こちらの「交通系ICカードページの見方」をご参照ください。